WP Multibyte PatchはWordPress日本語対応の基本&お守り

WP Multibyte PatchはWordPress日本語環境の守護神

「WP Multibyte Patch」プラグインはWordPressでの日本語環境を整えてくれるありがたいプラグインです。WordPressで日本語を扱う上で発生するであろう問題のほとんどをあなたが意識することなく未然に防いでくれます。

「WP Multibyte Patch」プラグインを設定する方法

「WP Multibyte Patch」プラグインをインストールする

WordPress日本語版では最初からインストールされているので「有効化」すればすぐに使える状態になっています。WordPress管理画面の「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」で「WP Multibyte Patch」を探し、「有効化」をクリックしてください。

WP Multibyte Patchプラグインを有効化する

Pleskというサーバ管理ツールのアプリケーションインストール機能を使ってWordPressをインストールすると、「WP Multibyte Patch」プラグインはプレインストールされていないようです。その場合は「プラグイン」-「新規追加」で「WP Multibyte Patch」を検索し、インストール・有効化を行ってください。

「WP Multibyte Patch」プラグインの設定方法

「WP Multibyte Patch」プラグインに関しては、特に設定することはありません。プラグインを「有効化」さえすれば、自動で日本語環境の設定をしてくれます。

「WP Multibyte Patch」プラグインは何をしてくれるのか?

マルチバイト文字で不具合を起こさないようにしてくれます

日本語というかマルチバイト文字という欧米圏では使われない文字の処理をうまいことしてくれるプラグインです。

一通りの処理や対策はWordPress本体でも対応しているのですが、WordPressの開発をしている人々のメインは欧米圏の人々で、日本語等のマルチバイト文字に触れる機会は元々そんなにあるわけではありません。

そのため、日本語関連でエラーが起こっても対応されないこともあります。その問題を解消してくれるのがこの「WP Multibyte Patch」プラグインなのです。

「WP Multibyte Patch」プラグインの詳しい中身については

「WP Multibyte Patch」プラグインの詳しい中身については、下記をご覧ください。

WP Multibyte Patch
本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグ…

わたしは理解を諦めています。。。

まとめ

WordPressで日本語を取り扱う上でのトラブルは、普段ほとんどの方は意識することのないのですが、実際にハマってしまうとどうにもならない問題でもあります。

「WP Multibyte Patch」プラグインは簡単に導入でき、WordPressで日本語を扱う上でのトラブルを未然に防いでくれるありがたいプラグインです。

スポンサーリンク
python357通常PC