WordPressプラグインをインストールするには

WordPressのプラグインを追加する

WordPressの最大の特徴は、WordPressの機能をアップしてくれるプラグインが豊富に公開されていることです。

ここでは、WordPressプラグインをインストールする際の手順と注意事項についてお話します。

WordPressプラグインのインストールと注意事項

プラグインをインストールする前にWordPressのデータをバックアップしてください。プラグインのインストール自体は簡単ですが、インストールしたプラグインの組み合わせによってはサイトやWordPress管理画面にアクセスできなくなってしまう場合もあります。

WordPressプラグインのインストール方法

WordPress管理画面の「プラグイン」ー「新規追加」をクリックします。
WordPressのプラグインを新規追加

プラグインの「インストール済みプラグイン」のページの「新規追加」をクリックしても同じです。

「キーワード」の欄にインストールしたいプラグインの名称を入れると、関連するプラグインの情報が表示されます。
WordPressのプラグインをインストール

プラグインの名称はコピペで入れたほうが安全です。このサイトで扱っているプラグインであれば、下記ページからコピペできます。
このサイトのWordPressに入れたプラグイン(Simplicity2使用)
このサイトのWordPressに入れたプラグイン(Simplicity2使用)
このサイトのほか、私が運営しているサイトでは現在のところWordPress + Simplicity2の組み合わせを使用しています。 ...

インストールしたいプラグインが見つかったら、「今すぐインストール」をクリックし、ボタンが「有効化」に変化したらその「有効化」ボタンをクリックしてください。

WordPressのプラグインを有効化

以上でプラグインのインストールは完了です。

プラグインによっては、インストール後に設定が必要なものがあります。

WordPressプラグインの選び方と注意

基本的には欲しい機能を実現してくれるプラグインをインストールして問題ありません。

ただし、次の点にご注意ください

  • 同じようなものをいくつもインストールしない
    同じような機能のプラグインをいくつもインストールしても機能が強化されるわけではありません。かえってメモリを消費しすぎてWordPress全体の性能が落ちます。
  • プラグインをインストールしすぎない
    プラグインはインストールごとにWordPressが使用しているメールなどのリソースを消費していきます。あまりにたくさんのプラグインをインストールすると、全体がもっさりした動きになってしまいますので注意してください。
  • キャッシュをするプラグインには注意する
    W3 Total Cacheのようなキャッシュを専門とするプラグインもありますし、PS Auto Sitemapのように機能の一部でキャッシュを使用するプラグインもあります。それぞれで同時にキャッシュを使う設定にすると機能が衝突してしまい、うまく表示できなかったり、最悪の場合サイト自体にアクセスできなくなってしまうことがあります。

プラグインをインストールしていてエラーが起こったら

プラグインをインストールしていてエラーが起こったら、まず直前にインストールしたプラグインを「停止」しましょう。その後、そのプラグインをアンインストールするか、またはネットでそのプラグイン名を検索してその他のプラグインとの相性などを調べて対処可能であれば再設定します。

まとめ

WordPressプラグインのインストール自体は非常に簡単です。必要な機能があれば簡単に追加して試してみることができます。

ですが、プラグインをインストールすることで、障害が起こってしまうケースも考えられますので、事前のデータバックアップが必要となります。

とくに企業サイトなどの場合は、必ずテスト用のウェブサイトを立てて実験してから本番サイトにプラグインをインストールしてください。

スポンサーリンク
python357通常PC