ルンバのバッテリー(非正規品:Overcomelus)を交換しました

ここ最近、ルンバの稼働時間が短くなり、とうとう5分ほどで力尽きてしまうようになりました。もちろんベースまで返ってくることができません。

普通はもっと早めにバッテリー交換をするようですがずっとさぼっていまして、どうしようもなくなってからのバッテリー交換となりました。

今回は、ルンバの非正規品のバッテリーにチャレンジしてみました。

Overcomelusというメーカーの製品です。

ルンバのバッテリーが到着

お馴染みのAmazonの箱でやってきました。

アマゾンの箱

いつも通りの余裕たっぷりです。

ルンバのバッテリー

こちらは中に入っていたバッテリー本体の外装です。

ルンバのバッテリーの外装

中に黄色いバッテリーが入っていました。

ルンバのバッテリー1

バッテリーと取扱説明書です。取扱説明書には注意事項がほとんどで、ルンバへのバッテリー取り付け方法の記載はありませんでした。

ルンバのバッテリー2

バッテリーを上から見たところです。

ルンバのバッテリー3

バッテリーを下から見たところです。電流の端子が見えています。

ルンバのバッテリー4

ルンバ本体と比較するとバッテリーはこのくらいの大きさです。

ルンバとバッテリー

ルンバ正規品のバッテリーと比較してみました

上から見たところです。上が今回のバッテリー、下がルンバ正規品のバッテリーです。

ルンバのバッテリー正規品と比較

上部の突起の大きさが違いますね。あとは微妙に色とか違いますけど、問題はなさそうです。

次は、下から見たバッテリーです。上が今回のバッテリー、下がルンバ正規品のバッテリーです。

ルンバのバッテリー正規品と比較(裏面)

ルンバのバッテリーを交換する

ルンバのバッテリーの交換手順をご説明します。作業自体は簡単です。

ルンバのバッテリー交換で用意したもの

  • ルンバ本体
  • 交換用バッテリー
  • プラスのドライバー

プラスのドライバーは付属していませんので、事前に用意する必要があります。

ルンバのバッテリー交換手順

  1. ルンバを裏返してから、プラスドライバーを使ってバッテリーの蓋を外します。
    ルンバの裏側
  2. バッテリーの両端に緑のテープが付いているので、両手で引っ張ってバッテリーをルンバ本体から取り外します。
    ルンバのバッテリー
    ルンバの裏側(取り付け)
  3. バッテリーの突起部が上になるように、購入したバッテリーをセットします。
    ルンバにバッテリーを取り付け
  4. ルンバの蓋をしめ、ネジをプラスドライバでとめれば完了です。
    ルンバの裏側で蓋を閉める

ルンバのバッテリーを交換してみた感想

バッテリー交換後は、元気よくルンバ君も掃除を続けられるようになりました。以前より長時間動いてくれているように思っていますが、正確にはどのくらい伸びたのか記録がないためわかりません。少なくとも1時間以上掃除した上でちゃんとホームベースにルンバが帰ってこれれるようになりました。

成果としては、大変満足いく結果となりました。

追伸:箱に「保証・説明書」と書かれていますが、「保証書」が入っているわけではないようです。まぎらわしい。。。
ルンバのバッテリーの箱シール

スポンサーリンク
python357通常PC