PS Auto Sitemapプラグインでサイトマップのページを作るには

サイトマップ

「PS Auto Sitemap」というプラグインをご存知ですか?

PS Auto Sitemap
カスタマイズ可能でデザインされたサイトマップページの自動生成

こちらの「PS Auto Sitemap」を導入すると、WordPress内の記事をサイトマップとして一覧表示できるようになります。もちろん、記事の新規追加や更新があった場合には、自動でサイトマップの内容を更新してくれます。

今回はユーザービリティ向上のために、「PS Auto Sitemap」プラグインを導入します。

PS Auto Sitemapでサイトマップを表示する方法

「PS Auto Sitemap」プラグインをインストール&設定する

インストールと設定手順については、下記のブログに詳しいので、そちらを参照してください。

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方
WordPressのプラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップページを自動生成する方法を解説します。これによってユーザービリティが向上し、アクセス数の増加が期待できます。

設定手順としては、以下のような内容になります。

  1. WordPress管理画面の「プラグイン」-「新規追加」で「PS Auto Sitemap」を検索し、インストール&有効化する
  2. 「固定ページ」-「新規追加」でサイトマップ用の固定ページを作る
    ここの固定ページを編集するときは必ず「ビジュアル」ではなく「テキスト」に変更してから「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」を貼り付けてください。「ビジュアル」で貼り付けると「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」がそのまま記事として表示されてしまいます。
  3. WordPress管理画面の「設定」-「PS Auto Sitemap」でPS Auto Sitemapの設定をする
    PS Auto Sitemapの設定で「キャッシュの使用」にチェックが付いていると、ページキャッシュの機能によりサイトマップページの読み込みが早くなります。ただし、当サイトでもインストールしている「W3 Total Cache」など、キャッシュ専門のプラグインをすでに使用している場合はおかしな動きをするようになるので、チェックを外してください。

以上で「PS Auto Sitemap」プラグインの設定は終了となります。ちなみに当サイトで設定したサイトマップページは次のページとなります。「スタイルの変更」は「矢印」に設定してあります。

サイトマップ
サイトマップ

サイトマップページを改造するには

「PS Auto Sitemap」プラグインでは、指定したページの「」が挿入されたところにサイトマップを展開します。

「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」以外の文章等は無視しますので、イメージや説明文などを自由に入れることができますのでオリジナルのサイトマップページが簡単にできます。

まとめ

「PS Auto Sitemap」プラグインは簡単に導入でき、サイトマップページをに簡単に作ることができるようになります。

読者のユーザービリティ向上に有効ですのでぜひ導入してください。

今回のサイトマップページは読者のユーザービリティ向上のためのものですので、検索エンジン対策用には「Google XML Sitemaps」プラグインをご利用ください。
スポンサーリンク
python357通常PC